CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 横田眞の脳梗塞・甲状腺がんを克服して、なんと神通力が宿った・・・(553) | main | 横田眞の脳梗塞・甲状腺がんを克服して、なんと神通力が宿った・・・(555) >>
横田眞の脳梗塞・甲状腺がんを克服して、なんと神通力が宿った・・・(554)
NPOガンの患者学研究所代表の川竹文夫さんについて
です。

プロフィール
川竹文夫(かわたけ・ふみお)
1946年生まれ。徳島県出身。NHKの元職員。
90年の発病をきっかけに、がんの自然治療の研究を開始。
92年、成果をNHKスペシャル「人間は何故治るのか」に
まとめる。
月刊「いのちの田圃」を発行する傍ら、年50回以上の講
演で全国を飛び回っている。
ビデオ「ガン完全治癒の法則=全3巻」(人間出版)を制作。

川竹さんは、元NHKのディレクターで、自らも腎臓がん
を克服した経験を持っています。
川竹さんの文章です。
「私は16年前に腎臓がんと宣告され、右側の腎臓を摘出
しました。
手術後に主治医から『体力が回復すれば元の生活に戻れま
す』と言われました。
その時、広島放送局時代に制作したある番組を思い出した
のです。
それはNHKスペシャルで放送した、被爆と発がんの因果
関係を一つのテーマにした番組でした。
広島、長崎の患者は、被爆が原因でがんになった。
つまり外的要因です。
しかし、私の場合は外から降ってきた原因はない。
私自身の内に求める以外にないと自覚したのです。
主治医は元の生活をしても大丈夫と言ったが、実はそれ
までの生活習慣が発病の原因だった。」

「がんで死ぬ人は減るどころか、毎年増えています。
治す基本は、食事を見直すなどの生活習慣の改善です。
食事を改善せず、タバコもやめないで健康食品だけに頼って
いる人がいます。
生活習慣を変えようと努力しないから当然、症状も改善しな
い。
あげくに『弱みに付け込んで高い健康食品を売りつけられた』
と愚痴をこぼす。
主体性をもって上手に健康食品を利用している人は、仮に
経過が良くなくても、ぼやかない。
どこかに治せるという自信があるんです。」
| 病気 | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myakkotto.jugem.cc/trackback/555
トラックバック