CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 横田眞の脳梗塞・甲状腺がんを克服して、なんと神通力が宿った・・・(509) | main | 横田眞の脳梗塞・甲状腺がんを克服して、なんと神通力が宿った・・・(511) >>
横田眞の脳梗塞・甲状腺がんを克服して、なんと神通力が宿った・・・(510)
政木和三さんのつづきです。  

大阪大学工学部の全学科を習得し、医学部にも
すすみました。約45年間、科学畑を歩まれた
科学者でした。
定年退職後は岡山の林原生物化学研究所に勤務
しました。
その期間、3000件の数々の発明品を世に出しま
した。発明をしながら、特許権を無償で公開し
たため、エレキギター、自動炊飯器、自動ドアー、
テレビの誕生をはじめ、人々に多くの喜びを与え
るとともに、社会の進歩発展に大きく寄与した
のです。 家電メーカー5社の社長たちが、
政木さんの自宅を訪ね、特許権を無償で公開して
くれたことに感謝をしました。特許権だけで、
4000億円あったそうです。しかし、政木さんは
無償だからこれだけの発明ができたと言っている
のです。

精神面では、自分自身の体験を通じて、生命体
エネルギーの存在を説き、物質文明から精神世
界への道筋をつけました。

平成14年8月6日、生涯を閉じました。
87歳でした。
政木さんが亡くなる3年前、脳梗塞になりまし
た。それからの政木さんは、「この世のことは
すべて忘れた」と言って沈黙を守りました。

「私の発明品でも、脳波がシータ波のときに
発明したものは、発明者の私ですら、思いも
及ばなかったような大きな効果を発揮する。
たとえば、神経波磁力線発生器である。
これは、私が精神を統一し脳波をシータ波に
下げたとき、『汝が11万年前に作ったのと
同じ物を再度てつくれ』という信号が生命体
からあり、そのとき同時に浮かんだ設計図に
従って作ったものだ。
中略
神経波磁力線発生器は、細胞を活性化させ、
人間の持つ自然治癒力を圧倒的に高めるとい
う意味で、気のエネルギーと同じような効力
をもっているといえるだろう。」

わたし(横田)は、神経波磁力線発生器で
<がんを治す方法になるのではないか>と
ふと思いました。
それを販売しているところがたまたま名古屋
にあるので、そこへ行きました。
そこに行って、神経波磁力線発生器を見せて
もらい、「甲状腺がんを治すために、しばらく
貸して欲しい」と言ったら、気軽に貸して貰い
ました。
それだけではなく、政木和三先生の「精神エ
ネルギー 銑」(1992年CD録音200分)
と、政木和三先生「80歳記念講演会」(1996年
DVD録画110分)を頂きました。

帰ってきて、神経波磁力線発生器を試してみ
ると、すぐに眠ってしまうのです。
脳波がベータ波からアルファ波まで下がって
いるのです。
がんは、生活習慣病だということはわかって
いますので、過度のストレスを解消するのに
良いことがわかりました。
| 病気 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 07:16 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://myakkotto.jugem.cc/trackback/511
トラックバック
がん免疫療法
がん免疫療法の情報
| がん免疫療法 | 2012/01/17 3:44 PM |